トップ  > お役立ちブログ  > 【非常用トイレ】コスパで選んだのは・・・
自然災害の多い日本に暮らす私達に「防災備蓄」は必須です。
防災備蓄のために、モノを片付け防災備蓄品を収納しませんか?
快適安心生活を送って頂くお手伝いをしております。
 
1日で資格取得できる認定資格講座、防災アドバイス、整理収納(お片付け)サービス、サポート・フォローも充実!
企業様・自治会様・学校様・PTA様など出張講演のご依頼も受け付けております。

【非常用トイレ】コスパで選んだのは・・・

断水時に水洗トイレは使えない!私が住むマンションでは、停電時にも水洗トイレは使えません。
停電・断水時に困らないよう【非常用トイレ】を備蓄しましょう! 
 
非常用トイレにも特色がある

非常用トイレの各メーカーさん、特色があります。

・臭い対策にこだわった防臭袋付きのトイレ凝固剤セット

コンパクトさにこだわった非常用トイレ

・セットする時間が短縮できる、吸水シートが内蔵された袋の非常用トイレ

詳しくは、過去の記事↓

非常用トイレ・携帯トイレを選ぶ時の3つのポイント

 

コストパフォーマンスが高い非常用トイレ

今回は、コストパフォーマンス(コスパ)にこだわって探しました。
使うか使わないか分からない非常用トイレ、コスパにこだわる事も大切です。

購入したのは、こちら
15年間長期保存可能
三陽トレーディング㈱の簡易トイレセット80回分

SANYO80

アウトドア・介護トイレにも使用できます。
お値段は、(購入時)アマゾンで、6300円(税抜)
1回分79円で、凝固剤とビニール袋付きです。

10年保存のメーカーさんが多いなか、15年長期保存できるという点もポイントです。

 

長期保存の秘密

なぜ三陽トレーディングの簡易トイレは15年長期保存なのか?

箱を開けたら、分かりました!

凝固剤が、アルミの保存袋に入っているのです。

これで商品の劣化を防いでいる!と納得。
 

ビニール袋もセットされています!

凝固剤とビニール袋は、1箱の中で上下に入っていました。

凝固剤80個の下にビニール袋80枚。
この簡易トイレは家で使うために購入。
持ち歩き用に使うのではないため、個包装になっていなくても良いと考えました。

 

まとめ

非常用トイレを災害時に家族分用意すると、1日1人8回×7日分×家族の人数=□□□個
我が家は3人家族なので、168個必要です。

非常用トイレもいざという時のために、家用・外出時用などそろえています。

 


保存期間で使いきれない場合の事も考えましょう。
我が家は、保存期間1年前に介護施設・福祉施設などに寄附することも考えています。
(この簡易トイレは、2033年に介護施設・福祉施設に寄附予定)

 

災害時の備えは、家計に負担が少ないように、そして廃棄しなくて済むように、使わなかった時の行先も考えておきましょう。

 

防災備蓄収納で、もっと知りたい方は
 
収納迷子をなくす、分類



 

NiceLife 代表 熊田明美

営業時間 平日10:00~17:00(土日祝日休み)
講座開催中は折り返しのお電話となります。ご了承下さいませ。

TEL:090-8010-4570
Mail:nicelife2017kmd@gmail.com

お問合せ

防災備蓄収納 講座スケジュール

整理収納 講座スケジュール

受講後のご感想

受講後のフォロー

プランニング・サポートサービス

メディア掲載・講演実績

チャリティセミナー開催!

防災・家庭備蓄に役立つ情報

お役立ちブログ

 NiceLife 代表 熊田明美

〒 261-0011

千葉県千葉市美浜区
Mail : nicelife2017kmd@gmail.com